更新情報
Topics

更新情報 Topics

接客業のなかでもオススメの職種を5つ紹介

記事の監修

第2事業部プロジェクトマネージャー荒木康平(あらきこうへい)

2016年から携帯電話販売業界に参入、携帯電話ショップにてグランマイスター等の資格を習得し、店舗での効率化、マネジメント業務にてフロアマネージャー、コンサルティングマネージャーの業務にて活動。
お客様からの賞賛、各コンテストにて、大手キャリアからの表彰を多数獲得。
大手家電量販店での携帯電話販売にも関わり、ディレクター、マネージャーとして活動。

「接客業ってなんか大変そう……」

「接客業に向いているってよくいわれます」

 

このように、仕事の話をする際によく出てくる「接客業」。ただ、ひと言で接客業といっても、その職種は星の数ほどあり、その詳細はイマイチはっきりしません。

 

今回の記事では、「接客業に興味はあるけれども、数が多すぎてどの仕事を選べばいいのかがわからない」という人に向けて、オススメの職種を5つ紹介していきます。最後まで読めば、きっと自分のやりたい仕事が明確になるはずです。

 

スマートスマーツなら負担なくすぐに仕事を始められます!

引越し費用負担(寮完備)

就職に伴う引越し代は全額会社負担!

赴任費用負担

入寮の際の交通費も全額会社負担!

入社祝い金最大10万円

採用になった方は、入社祝い金支給!
(カップル2名採用の場合は2名分支給!)

詳しくはこちら

そもそも接客業ってどういった仕事なの?

そもそも接客業ってどういった仕事なの?

 

冒頭でもお話ししたように、接客業といってもあまりに範囲が広すぎて、じつはよく内容がわからないという人も多いはずです。具体的な職種を紹介する前に、まずは接客業とはどういった仕事なのかを、明確にしておきたいと思います。

 

接客業というのは、ひと言でいうと、「お客さまと直接触れ合い、購入などのサポートをする仕事」です。接客業と聞けば、まずアパレルショップやカフェの店員さんが、頭に浮かんだのではないでしょうか。

 

でも、いわゆる店員さんだけが、接客業ではありません。ホテルのフロント係も美容師も、はたまた弁護士だって、お客さまと接する機会があるなら、それは間違いなく接客業です。

 

お客さまのサポートが仕事ですから、当然お客さまに満足してもらえるサービスをきちんと提供できなければいけません。一見楽にできそうな接客業ですが、本当はお客さま一人ひとりに合ったサービスを提供する、非常にクリエイティブな仕事なのです。


接客業に向いている人の特徴

接客業に向いている人の特徴

 

接客業は直接お客さまと触れ合う必要があるので、従事する側にも、それなりの適性が求められます。こまかい適性は職種によっても異なりますが、どの職種でも以下にあげた項目は必ず求められるでしょう。

 

  • ■ 人と話すのが好き
  • ■ お客さまの立場に立って行動ができる
  • ■ プロ意識をもっている

 

接客業として働くなら、お客さまに嫌われない努力が必要です。どんなに商品知識があっても、ブスッとした顔をした店員に接客を受けたいとは思いませんよね。

 

もちろん、明るく元気なだけでなく、プロとしての揺るぎない知識やスキルも必要です。ただ、こういった資質をすべて兼ね備えていないと、接客業として働けないのかといえば、決してそのようなことはありません。

 

最低限、お客さまに不快感を与えない姿勢さえあれば、あとは働きだしてから少しずつ身につけていけば大丈夫です。やる気があるなら、あまり堅苦しく考えずに、接客業の世界へ思い切って飛び込んでしまいましょう。

オススメの接客業5選

オススメの接客業5選

 

ここからは、いよいよオススメの接客業を紹介していきます。今回紹介したなかで、気になる職種があれば、求人サイトなどで募集案件を探し、ぜひ積極的にアプローチしてみてください。

1.レストランなど飲食店スタッフ

接客業と聞いて、真っ先に思い浮かべるのが、レストランなど飲食店のスタッフでしょう。日本全国どこにでも飲食店はあるので、学生アルバイトから主婦のパート、もちろんフルタイムの勤務と、さまざまな形式で臨機応変に働けるのが大きな魅力です。

 

業務内容はお店によって異なりますが、「オーダーの受注」「飲食物の提供」「片付け」「レジ業務」などが、一般的な業務になるかと思います。

 

「看板娘」なんて言葉があるように、応対を気に入って通ってくれる常連客との触れ合いも、飲食店スタッフの楽しみのひとつです。

 

ただ、基本的に飲食店は一日中立ち仕事になります。また、ランチやディナーの時間などはお客さまが集中するため、ある程度の体力がないと飲食店のスタッフは務まらないかもしれません。

2.ホテルなど宿泊業スタッフ

日本、いや世界中のお客さまを迎え入れる宿泊業のスタッフは、まさに接客業の王道ともいうべき仕事です。なかでもグレードの高いホテルや旅館では、非常に質の高いサービスが求められます。

 

そのためには、普段から、厳しいトレーニングや研修を受けなくてはなりません。もちろん、身だしなみや立ち振舞も、厳しくチェックされます。

 

また、お客さまのサポートという側面の強い宿泊スタッフには、どうしてもクレーム対応がつきものです。さらに、宿泊業は、さまざまな部門が集まって成り立っているため、必ずしも希望の職種に就けるとは限りません。

 

こういったマイナス面もありますが、お客さまのサポートをして喜んでいただくという、接客業の喜びをもっとも味わえるのが宿泊業スタッフです。人に喜んでもらいたいという思いが強い人には、宿泊業は非常にオススメできます。

3.スーパーなどショップ販売スタッフ

前述の飲食店スタッフと並んで、接客業の代表ともいえるのが、スーパーなどの販売スタッフです。こちらも、パート・アルバイトから正社員まで、さまざまなスタイルで働けるのが嬉しいところ。

 

お店にもよりますが、細かい商品をたくさん扱うスーパーのようなお店では、やるべき仕事はたくさんあります。品出しや在庫管理、商品の値づけ・陳列、レジ打ちなどのほかに、担当部署によってはバックヤードでの加工なども大事な仕事です。

 

店舗内で作業をすれば、お客さまから商品について尋ねられることも多く、商品についての勉強は欠かせません。ただ、こういった販売スキルを身につければ、転職してもその知識は必ず役立ちます。いつでもどこでも、働く場所には困らない、それが販売スタッフの魅力のひとつです。


4.美容師など専門家として働く

美容師になるには、実務経験と国家資格の合格が必要なため、誰もが従事できるものではありません。

 

また試験に合格しても、一人前になるまでは、夜遅くまでカットやカラーリングの練習が欠かせない。一見華やかな世界にみえても、成功までにはたくさんの努力が求められる厳しい世界です。

 

また美容院によっては、いまだに師弟制度のような働き方が色濃く残っている場合があります。女性が多い職場ということもあり、もしかすると人間関係の構築に苦労するかもしれません。

 

とはいえ、お客さまに信頼され、美容関連を任せてもらえるというのは、プロの美容師としてなにものにも代えがたい喜びです。もちろんキャリアを重ねれば、いずれ独立して一国の主になることもできます。

5.携帯販売スタッフ

最後にご紹介するのは、今転職サイトでも大人気の携帯販売スタッフです。携帯販売スタッフは、「携帯電話の販売や契約」「ディスプレイや在庫管理などの店舗業務」「トラブル時のクレーム対応」など、じつにさまざまな業務に携わります。

 

扱う商材や契約プランなど、深い専門知識が求められるため、難易度が高そうに感じるかもしれません。でも多くの会社ではきちんとした研修を用意してくれているので、努力さえ惜しまなければ、たとえ未経験であっても問題なく対応できるはずです。

 

携帯ショップに訪れるお客さまは、販売スタッフのサポートが必要なかたばかり。一生懸命購入のサポートをして、お客さまに喜んでいただければ、大きなやりがいを得られるのは間違いありません。

 

「自分の接客でお客さまに喜んでもらいたい」そういった気持ちをおもちなら、携帯販売スタッフは本当にオススメの仕事です。

 

まとめ

今回は接客業に絞って、オススメの仕事を5つ紹介してきました。接客業はお客さまのサポートが仕事なので、当然プロとしての知識とスキルは必須です。しかし、接客業になにより必要なのは、「お客さまに喜んでほしい」というホスピタリティ精神だと思います。

 

もし、そういった気持をおもちなら、ぜひ接客業の世界に飛び込んでいただけたら嬉しいです。

 

なお、私どもスマートスマーツでは、携帯販売スタッフを随時募集しています。当記事を読んで接客業に興味をもったかたは、ぜひお気軽にご相談ください。あなたが携帯販売スタッフとして、接客業のプロになれるよう、全力でサポートいたします。

 

>>携帯販売正社員採用情報 | 名古屋の携帯販売・接客業に特化した人材派遣 | 株式会社スマートスマーツ

ワークスタイル|2022.07.08

 
募集要項